rscproducts
タノンサック、矢吹戦へ強烈KO、ダナイWBCアジア王座獲得|rsc products公式ウェブサイト

タノンサック、矢吹戦へ強烈KO、ダナイWBCアジア王座獲得

オダサイレポート

サワディーカップ タイ支部のオダサイです。 この連載でお馴染みのウルフボクシングジムのタノンサック・シムシー選手が、8月11日に前世界チャンピオンの矢吹正道選手と対戦することが決まりました。 陣営はこの試合を「チャンピオンロード」と名付けて、日本での勝利に準備を進めています。 タノンサック選手は、5月1日にホームリングのシンマナサックスタジアムに登場、チューンナップファイトに挑み、格下選手を2回KOで下しました。 初回から圧倒し左ボディでダウンを奪うと、2回には左右のコンビネーションでダウンを追加し、最後は左アッパーで仕留めました。スピードがあり、パンチも多彩で、8月の大勝負も楽しみです。 タノンサック選手はこれで、23戦23勝21KOとなりました。 この5月1日のイベントは、タノンサック選手の弟、シティサック選手が登場して、3月に獲得したABFミニマム級タイトルの防衛戦を行い、2回勝利を収め、11戦11KO勝ちとパーフェクトレコードを伸ばしています。  ウルフジムのプーム会長は「タノンサックと比べて、ムエタイの経験もないシティサックが世界ランキングに顔を出し始めた。本当に嬉しい」としています。 ‐‐‐‐ その他タイの最近の興行については、タノンサック選手と同じライトフライ級に、4月30日に新チャンピオンが誕生しました。 バンコク・ラチャダーピセークのNKL BOXINGでダナイ・ナコンルアンプロモーション選手がカンボジアの無敗選手(ビジェス・オーク、3勝(2KO))とWBCアジアライトフライ級王座決定戦に挑み、4回KOで新チャンピオンとなりました。 右と左の差はありますが、武居由樹選手の河村戦を彷彿させるような、一発(左フック)でのKO勝ちでした。 これでダナイ選手は11勝6KO3敗としています。アマチュア出身のダナイ選手は、パンヤ選手の持つWBC世界ミニマム級タイトルに挑んだこともあります。 2021年11月に行われたこの試合は、ダナイ選手が判定負けしていますが、本来のライトフライ級に戻し、より迫力が増したように思われます。今後の要注目選手です。 この日のNKL BOXINGでは、6月25日に世界タイトル挑戦を控えたシーサケット・ナコンルアンプロモーション選手が登場し、元世界王者のコンパヤック選手と4ラウンドのスパーリングを行い、終始、コンパヤック選手を圧倒していました。 本来ならばノンタイトル戦としてコンパヤック選手との元世界王者対決が実現するはずでしたが、世界タイトルが決まり、大事をとったようです。 スパーリング後、シーサケット選手は、「ロドリゲス戦については、まだ準備中なので、100%勝てるとは言えないが、今の状態で99%勝てる自信がある。3度目の世界王者になる機会ができて本当に嬉しい。ファンの皆さん応援して下さい」とコメントを残しました。 ‐‐‐‐ 5月7日には、TLBOXING PROMOTION(ギャラクシープロモーション)が手掛けるTHE FIGHTERが行われ、注目のカードとして、ジョムオー・K・サックランプーンとゴンファーCPF選手の一戦が実現しました。 ジョムオー選手はWBAアジアフライ級王者で、この日まで9勝4KO1敗という戦績です。タイ人キラーと呼ばれる、フィリピンのエイドリアン・レラサンにKO負けした以後、タイトルマッチを含む5連勝でこの試合に挑みます。 一方のゴンファーCPF選手は、WBCアジアスーパーフライ級王者でこの日まで41勝20KO1敗1分、この1敗は比嘉大吾選手に屈したもので、それ以降一引き分けを挟んで27連勝、日本の福永亮次選手、藤岡飛雄馬選手を下したこともあります。 かつて、WBCアジアスーパーバンタム級ダイアモンド王者でもあった彼が、スーパーフライからさらに1階級落として、フライ級でWBAアジアタイトルの獲得に挑みます。 初回から激しいパンチが応酬される中で、ジョムオー選手の左ストレートがカウンターでヒットし、ゴンファー選手からダウンを奪います。その後はジョムオー選手が長い距離を活かし、ゴンファー選手をなかなか中に入らせません。 最後は6回にジョムオー選手がワンツーで、左ストレートを当てると、ゴンファー選手は堪えきれず座り込み、KO勝ちとなりました。 試合前から「40戦して1敗しかしてないゴンファー、2敗目の黒星はオレがつけてやる!」と激しく挑発していたジョムオー選手、見事なKO勝ちでした。 久しぶりにジョムオー選手の試合を見ましたが、フィリピン選手にKO負けした頃のひ弱さはなく、長い距離を活かしながらのダイナミックな攻撃が可能で、今後が楽しみです。 「世界タイトルを目指す」とする陣営ですが、いいところまでいけるのではないでしょうか。29歳ですので、早めに勝負しても良いと思います。 ‐‐‐‐ THE FIGHTERには、タイラーメン屋台ボクサー、ポクポク・ボクシングスラム選手も出場しました。10か月ぶりの試合となるこの日は、タイのホープ編でも取り上げた無敗(9勝5KO)のサーム・タンテレコン選手が対戦相手でした。 ポクポク選手は2回、ボディでダウンを奪われ、KO負け。「この試合が最後の試合になります」とポクポク選手はコメントを残しています。19勝(16KO)27敗2分という大ベテランの名物選手の引退はタイのボクシングファンも寂しいところでしょう。 タノンサック・シムシー選手の5月1日の試合 https://www.youtube.com/watch?v=Q8g5UYCm0QU NKL BOXING 全試合 https://www.youtube.com/watch?v=vkY9-zqkVVU&t=3464s ジョムオー対ゴンファー https://www.youtube.com/watch?v=ZKscm2nj9Tc *** 小田充則(オダミツノリ) 1976年生まれ、44歳。会社員。タイ・バンコク在住。 30年来のボクシングファン。タイでもボクシング興行をよく観に行っている。 日本人ボクサーのタイでの世界戦は必ず応援に駆け付ける。 40歳前にはじめたムエタイ、キックボクシングでアマチュアの試合に出場し、1勝(0KO )1敗(1KO)。ボクシングへの転向を狙っているがコロナ過でジム通いができず、先延ばしに。好きなボクサー・辰吉丈一郎、福原辰弥、ジャッカル丸山。

タノンサック、矢吹戦へ強烈KO、ダナイWBCアジア王座獲得 画像1|rsc products公式ウェブサイト
タノンサック、矢吹戦へ強烈KO、ダナイWBCアジア王座獲得 画像2|rsc products公式ウェブサイト

NEWS
- ニュース -

髙橋聖人選手 NOKICK NOLIFE出場 |rsc products公式ウェブサイト

髙橋聖人選手 NOKICK NOLIFE出場

rscproducts17周年を迎えました!|rsc products公式ウェブサイト

rscproducts17周年を迎えました!

大﨑孔稀選手❗️見事なKO勝ち❗️|rsc products公式ウェブサイト

大﨑孔稀選手❗️見事なKO勝ち❗️

5月20日 小田尋久選手 バースデイ🎉|rsc products公式ウェブサイト

5月20日 小田尋久選手 バースデイ🎉

木村翔選手のフィットネスジムグランドオープン|rsc products公式ウェブサイト

木村翔選手のフィットネスジムグランドオープン

格闘技ジムの片隅で、一緒に汗をかいてみようよ!|rsc products公式ウェブサイト

格闘技ジムの片隅で、一緒に汗をかいてみようよ!

5月15日 篠原悠人選手 バースデイ🎉|rsc products公式ウェブサイト

5月15日 篠原悠人選手 バースデイ🎉

田中恒成&鈴木ななこ祝勝会行ってきました!!|rsc products公式ウェブサイト

田中恒成&鈴木ななこ祝勝会行ってきました!!