rscproducts
ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート|rsc products公式ウェブサイト

ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート

バンコク発オダサイリポート

サワディーカップ タイ支部のオダサイです。 パンヤ対ワンヘンのWBC世界ミニマム級タイトルマッチを始め、3月後半に幾つか注目のボクシング興行がタイで行われましたので、今回はその模様を伝えたいと思います。 まず、3月26日に、スーパーバンタム級のプロスペクト、WBCアジア王者のチャイノイ・ウォラウットがNKLBOXINGのリングに登場し、ここまで14勝6敗2分の元フィリピン王者、ジェルベルト・ゴメラを2回で沈めて無敗(16勝1分)の記録を伸ばしました。 ゴメラは日本でOPBFの決定戦に出場(大竹秀典に判定負け)したこともある選手です。チャイノイは途中でスイッチを見せて最後は右カウンターで仕留めました。ゴメラは座り込むように崩れ落ちる、衝撃のKO勝ちとなりました。 チャイノイはここ2戦は元世界王者を相手に判定勝が続いていましたが、久しぶりの”倒し屋”ぶりでした。”ROCKMAN”を公式ニックネームとする彼は、大手ナコンルアンプロモーションに所属し、チャンスを伺っています。 世界ランキングもWBC8位につけており、試合後のリング上で「チャンスがあればいつでも大きな試合をしてみたい」と述べました。 同じリングに、チャイノイの実兄ペットチャチャイも登場しました。5勝5敗のフィリピン選手にパワフルなパンチを振り回し、判定勝ちを収めました。これでデビュー以来2連勝です。 ペットチャチャイは、また弟とは違ったタイプですが、今後どう勝ち上がっていくのかが楽しみです。 ‐‐‐‐ 27日には、ウルフジム期待のこちらも兄弟ボクサー、ライトフライ級のタノンサック・シムシー、ミニマム級のシティサック・シムシーがシンマナサックスタジアムのリングに登場しました。 それぞれがABF(アジアボクシング連盟)の王座決定戦に出場し、兄のタノンサックは2回KO、弟のシティサックは初回KOで見事ABFチャンピオンの座を獲得しました。 タノンサックは22戦22勝、シティサックも10戦10勝と、無敗レコードを伸ばしています。WBO4位のタノンサック陣営は、年内の世界タイトルマッチを実現したいとします。 ABFの会長を努める大物プロモーター、ナリス・シンワンチャー氏も「団体にこだわらず、チャンスを模索していきたい」とします。 この日はウルフジム契約選手のペッチバンボーン、アチャリア(ゲンタワン・サーサクンジム)も勝利を収めています。ペッチバンボーンは2度ダウンを奪っての6回判定勝ちで48勝11敗1分、アチャリアは2回KOで9戦9勝としました。 ‐‐‐‐ そして29日は、WBC世界ミニマム級王者パンヤ・プラダブスリ対前王者ワンヘン・ミナヨーティンの、立場を入れ替えてのリマッチがありました。 タイ版、矢吹正道対寺地拳四朗2とも言えるこの試合、試合開始のゴングから前に出たのは、やはり前王者ワンヘンでした。 モチベーションの低下、高齢(37歳)からくる衰えなど、あまりいい情報が聞かれないワンヘンでしたが、さすが12回防衛の元王者、しっかりと仕上げて来ていました。 普段は積極的ではない「待ち」のボクシングで、のらりくらりとしたファイトが印象的ですが、初回から積極的に前に出て攻めだるまとなります。 パンヤも足を止めて応戦し、序盤から激しい打ち合いとなりました。ハイペースで早い回でのノックアウトもあるかと思われましたが、試合は長引きます。 4回までの公開採点は38-38が2名、39-37でワンヘンが1名とほぼ五分でしたが、これが8回の公開採点でチャンピオン側が逆転、77-74、78-75が2名でそれぞれパンヤを支持しました。 ワンヘンは挽回を狙って積極的に攻め、9回は右ストレートでパンヤを吹っ飛ばします。ロープで跳ね返され、幸運にもパンヤはダウンを免れます。 8回の公開採点を抜きにすれば、ややワンヘン有利の展開のように思われましたが、判定はやはりチャンピオン、パンヤを支持しました。117-111が3名という意外な大差でした。 惜しくも敗れたワンヘン、初回から積極的に攻め、これまでにない姿を見せてくれました。 福原戦、大平戦をはじめ、何度もワンヘンの世界戦を見てきましたが、今回が、最も良い試合だったと思います。これで55勝2敗となったワンヘン、再びリングに戻ってくるか分かりませんが、最後の意地を示したことをボクシングファンは忘れません。 一方、苦しい戦いの中生き延びたチャンピオン、パンヤは38勝1敗となりました。この試合を良い経験とし、今後伸びていくと思います。素晴らしい試合を見せてくれた2人の偉大なミニマム級に拍手をおくりたいです。 ‐‐‐‐ パンヤ対ワンヘン2の前座には、元世界王者のコンパヤックが6回戦登場し、2戦2勝のホープの相手を努めていました。 40歳のコンパヤックは、かつてはWBC、WBAと2つのベルトを獲得しましたが、ここ10戦で2勝8敗と噛ませ犬路線です。しかし、この試合ではベテランの意地を見せてドロー、戦績はこれで61勝13敗1分となりました。 ‐‐‐‐ NKLBOXINGはテレビ中継がメインでまだ客入れは行っておりませんが、ボクシング興行も増えてきたタイの状況です。 タノンサック、チャイノイは先日のホープ紹介の記事でも取り上げさせて頂きましたが、いずれ世界戦のリングにも上がるでしょう。タノンサックは7月にも日本のリングに立つ計画があるそうです。 タノンサックのABF戦 https://www.youtube.com/watch?v=XnqxD4xYdoQ チャイノイ衝撃のKO https://www.youtube.com/watch?v=4WtvEYRG9yg パンヤ対ワンヘン2 https://www.youtube.com/watch?v=WWXpUYp_6Sg&t=4497s *** 小田充則(オダミツノリ) 1976年生まれ、44歳。会社員。タイ・バンコク在住。 30年来のボクシングファン。タイでもボクシング興行をよく観に行っている。 日本人ボクサーのタイでの世界戦は必ず応援に駆け付ける。 40歳前にはじめたムエタイ、キックボクシングでアマチュアの試合に出場し、1勝(0KO )1敗(1KO)。ボクシングへの転向を狙っているがコロナ過でジム通いができず、先延ばしに。好きなボクサー・辰吉丈一郎、福原辰弥、ジャッカル丸山。

ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート 画像1|rsc products公式ウェブサイト
ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート 画像2|rsc products公式ウェブサイト
ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート 画像3|rsc products公式ウェブサイト
ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート 画像4|rsc products公式ウェブサイト
ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート 画像5|rsc products公式ウェブサイト
ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート 画像6|rsc products公式ウェブサイト
ワンヘン最後の意地、タノンサックがABF獲得~オダサイレポート 画像7|rsc products公式ウェブサイト

NEWS
- ニュース -

格闘技ジムの片隅で、一緒に汗をかいてみようよ!|rsc products公式ウェブサイト

格闘技ジムの片隅で、一緒に汗をかいてみようよ!

『RSC新生活応援企画🌸』|rsc products公式ウェブサイト

『RSC新生活応援企画🌸』

谷山佳菜子さん1日店長が大好評❣️|rsc products公式ウェブサイト

谷山佳菜子さん1日店長が大好評❣️

RISE177”漢気トーナメント”開催🔥|rsc products公式ウェブサイト

RISE177”漢気トーナメント”開催🔥

3つの新デザインがドライTシャツで登場🌸|rsc products公式ウェブサイト

3つの新デザインがドライTシャツで登場🌸

『RSC春のSNSプレゼント企画』|rsc products公式ウェブサイト

『RSC春のSNSプレゼント企画』

人気のドライスウェットに新色が登場🌸|rsc products公式ウェブサイト

人気のドライスウェットに新色が登場🌸

大崎孔稀選手次戦決定‼︎‼︎|rsc products公式ウェブサイト

大崎孔稀選手次戦決定‼︎‼︎