rscproducts
『おいしい格闘技』 8|rsc products公式ウェブサイト

『おいしい格闘技』 8

第8回 百花 『彼女にまつわるいくつかの事柄』

——百花が選ぶ3試合—— —現時点で百花選手が選ぶキャリアのなかで転機になった試合やマイベストな3試合を教えてください 百花—2017年9月3日大森ゴールドジムでのC-CHAN選手とのミネルヴァアトム級タイトルマッチ。 2018年11月17日のRISE129両国国技館での那須川梨々戦。 あとは2021年9月19日、RIZIN30埼玉スーパーアリーナでのぱんちゃん璃奈戦。 ——百花にまつわる19の事柄—— —好きなお菓子はなんですか? 百花—チョコレート!  —大阪で好きな町はどこですか? 百花—地元の四条畷(しじょうなわて)です —大阪のいいところを教えてください 百花—食べ物がおいしいところですかね(笑) —東京のいいところを教えてください 百花—試合以外で行くことはないのであまりわからないですが、オシャレなお店やスイーツのお店が多いところです —いま1番欲しいものは何ですか? 百花—腹筋です(笑)いつも次の試合までには腹筋つくろうと思うのに食欲に負けてしまいます(笑) —生まれ変わったら何になりたいですか? 百花—ワンちゃんです。お金持ちのお家で飼ってもらえるセレブ犬になりたいです(笑) —ご自身の好きなところを教えてください 百花—嫌なことがあっても寝たら忘れられることです —ご自身の嫌いな部分を教えてください 百花—言われたことを真に受けてしまうとこですかね —今までで1番嬉しかったことは何ですか? 百花—やっぱりチャンピオンになったことですね。本当に沢山の方々に応援してもらいサポートしてもらって。それが結果になって嬉しかったですね —ミネルヴァで王者になった時(2017年9月3日)ですね 百花—はい。選手として価値がないと言われたこともあって‥でもいまとなってはそういうきつい言葉にも感謝ですね! —今までで1番辛かったことはなんですか? 百花—フィジカルトレーニングしてる時です(笑)練習のなかでフィジカルが1番辛いですね(笑) —では、いきなり真面目な質問です。女子格闘技がまだまだ認知されない時から試合をしている百花選手にとって、いまの格闘技界をどう見ていますか? 百花—昔に比べたらすごく盛り上がってきたなあと思いますが、まだまだ知らない人や興味ない人が多いって印象もあります  —まだありますか? 百花—はい。なのでもっとたくさんの方に女子格闘技を知ってもらうために試合はもちろんそれ以外でも頑張っていかないとな、て。 —憧れの選手はいますか? 百花—J-GIRLSの頃から紅絹さんの試合はスゴいなあて。ずっとわたしにとっては大きな壁で憧れですね。やっぱり勝ち逃げはズルいですよ〜(笑) —THE MATCH 2022でRISEとK1がとうとう交わります。百花選手が試合をしたいK1ファイターはいますか 百花—菅原美優選手ですね —キックボクシングをやっていなかったら、何をしていたと思いますか? 百花—もともと動物が好きで専門学校も通っていたので動物に関わる仕事をしてたと思います —ほかの階級で闘ってみたい選手はいますか? 百花—いないです。-46で強い選手と戦っていきたいです! —「わたしはキックボクサーです」と自信をもっていえるようになったのは、いつ頃ですか? 百花—やっぱりベルト(ミネルヴァアトム級)を取った頃からですかね。それまでは女性のキックボクサーはまだ珍しくて、あまり言えなかったです。 —現在RISEアトム級王者の宮﨑小雪選手の印象は? 百花—いつも自分の戦い方を貫いているし、巧いな、と思います。 —RIZINでの未来戦後のインタビューでRIZINへの継続参戦をアピールするわけでもなく、RISEアトム級のベルトを取ることを話した百花選手は印象的でした。 百花選手にとってRISEアトム級のベルトとはなんですか? 百花—わたしにとっては国内のアトム級で1番のベルトです! —これからキックボクサーを目指す女性たちに一言 百花—辛くても自分に自信を持って、諦めずに頑張ってください ——あの人たちから百花選手へ—— —sasoriさんから百花選手への質問— 現役時代に百花と仲が良かったというsasoriにコンタクトを取ったが代理人のミナモトという女性が答えることになった。 ミナモト—百花選手は実は結構キック歴が長いですよね。学生の頃からですか? 周りの友達からどんなふうに見られていたんでしょうか?学生でキックやっていてカッコいいじゃない!くそみたいなわたしの学生時代と違ってさ、とsasoriはいうてました 百花—中学生からずっとキックボクシングをやってます。学校終わったら練習に行く、の繰り返しで門限も厳しかったので友達はなかなかできなかったですね。でも友達たちは優しくて応援してくれてます。めちゃくちゃ真面目な学生でしたね(笑) —聖愛選手から百花選手へ質問— 聖愛—練習でずっと一緒なのであらためて質問て難しいですね(笑)プライベートなことをあまり知らないので、好きな芸能人は誰ですか? 百花—相葉雅紀さんです。ジャニーズていうより『みんなの動物園』という番組をやっていて、そこからファンになりました! —寺山日葵さんから百花選手へ質問— 日葵—いままでの試合で1番苦しかった試合はなんですか? 百花—2020年10月と11月に行われたRISE Queen of Queensですね。一回戦の大倉萌選手との試合から準決勝の紅絹さんの試合まで短期間で、そこでおもしろい試合、みながまた観たいと思わせる試合をしなきゃというプレッシャーもかなりありましたね —紅絹さんから百花選手へ質問— 紅絹—ベテランと呼ばれるお年頃になりましたが格闘技に限らず今の自分の強みってなんですか? 百花—ずっと格闘技を続けてきて試合をたくさんして色々な経験をしてきたことですかね。ちょっとしたことではへこたれなくなりました! —政所仁選手から百花選手へ質問— 政所仁—カッコいいと思うキックボクサーは誰ですか? 百花は従兄弟の政所仁からの、この質問に苦笑しながら、少し考えた。 「めっちゃ難しい質問ですね(笑)んー‥いないですね。ただ仁じゃないことだけはたしかです(笑)」 ——あの人たちが選ぶ印象に残った試合—— —sasoriさんが選ぶベストオブ百花— 2022年2月13日 vs宮﨑小雪  sasoriの代理人ミナモトさんは、いう。 「動きがめっちゃよかったですよね。練習での強くてうまい動きに近かったと思います。練習の動きを試合で出せるてなかなかできないことですから」 —寺山日葵さんが選ぶベストオブ百花— 2019年9月16日 vs平岡琴 寺山日葵は、いう。 「ベストバウトというか、私が生で観戦したなかで印象に残っている試合です。延長Rで百花選手が負けてしまったんですが、その気迫に圧倒されたことを覚えています。その競り合いに勝った琴選手はもちろん凄いんですが、百花選手の気迫がとても印象に残っています」 —小林愛理奈選手が選ぶベストオブ百花— 2021年7月18日 vs小林愛理奈戦 小林は、この試合を振り返る 「ほんと粘り強くて個人的にはわたしと1番打ち合ってくれた試合と思うので楽しかったですね」 —聖愛選手が選ぶベストオブ百花— 2020年2月9日 vs MARI DEEP KICK42 同門の聖愛は、いう。 「この日は百花さんと一緒に出て、ふたりでベルトを巻くことができた日なので特別な試合ですね」 —紅絹さんが選ぶベストオブ百花— 印象に残っている百花選手の試合を、紅絹さんにも訊いた。 紅絹は、いう。 「RISEQueen of Queensの準決勝(2020年11月)でわたしとの3回目の試合ですね」 紅絹はつづける。 「それまでの2回はわたしを大きく見てくれていたのか百花選手らしい動きではなかったんですけど、あの日は見るからに覚悟が違って怖さ、がありました」 —僅差の試合でしたね 「本当にギリギリ勝った試合でしたね。パンチも効かされておかげで決勝は頭も痛いし腕も痛いしボロボロでした(笑)」 —政所仁選手が選ぶ百花ベストバウト— 2018年11月17日 RISE両国大会の那須川梨々戦 政所仁は、いう。 「梨々選手のファイトスタイルと、もものファイトスタイルが噛み合って、そのなかでも、ももの良さを全面的に出せた試合と思ってます」 ——百花にまつわる最後の質問—— —百花選手にとってキック(格闘技)とはなんですか? 百花は少し考えて、いった。 「かけがえのないものですかね。最初は気持ちを、心を強くしたくて始めた格闘技でしたがいつのまにかプロになっていて(笑)」 —それでチャンピオンにもなってますね 「そうですね。格闘技を始めてからチャンピオンになりたい、ベルトが欲しいと思うようになって。学生時代もずっと格闘技を優先してきて。わたしの人生の半分は格闘技人生でした」 百花はふたたび、いった。 「かけがえのないものです」 彼女の視線は、6月24日に行われる平岡琴戦、そしてその先を見つめていた。 『おいしい格闘技』とは 1982年糸井重里氏は、衣食住だけではなく、ステキな物や心、文化を豊かにする生活を提案した。 それが『おいしい生活』 2020年、コロナが蔓延り私たちの生活は一変した。 いま、だからこそ心と、身体と、生活を豊かにする格闘技に目を向けてみてはどうでしょうか 『おいしい格闘技』はそんな気持ちから始まりました。 【プロフィール】 名前:まよいマイマイ 幼少期に猪木に出会い青春時代は週プロで育った気持ちはプロレスラー。 エル・サムライとケンドー・カシンに影響受けてます。 こちらでは格闘家の前に人間としての魅力をお伝えできたらと思い、彼ら彼女の日々を見つめていきます Twitter: https://twitter.com/maimai_pw

『おいしい格闘技』 8 画像1|rsc products公式ウェブサイト
『おいしい格闘技』 8 画像2|rsc products公式ウェブサイト
『おいしい格闘技』 8 画像3|rsc products公式ウェブサイト
『おいしい格闘技』 8 画像4|rsc products公式ウェブサイト

NEWS
- ニュース -

第146回 だいごのNOBOXING NO LIFEがオンエアされています。|rsc products公式ウェブサイト

第146回 だいごのNOBOXING NO LIFEがオンエアされています。

「ききて」のジョー 第4回 大﨑孔稀選手|rsc products公式ウェブサイト

「ききて」のジョー 第4回 大﨑孔稀選手

11月24日 木村翔選手 バースデイ🎉|rsc products公式ウェブサイト

11月24日 木村翔選手 バースデイ🎉

大崎孔稀タイトルマッチポスター|rsc products公式ウェブサイト

大崎孔稀タイトルマッチポスター

東京店スタッフの観戦記|rsc products公式ウェブサイト

東京店スタッフの観戦記

前口太尊選手 次戦決定|rsc products公式ウェブサイト

前口太尊選手 次戦決定

11月16日 和田竜光選手 バースデイ🎉|rsc products公式ウェブサイト

11月16日 和田竜光選手 バースデイ🎉

和島大海選手 三度目の防衛戦が決定|rsc products公式ウェブサイト

和島大海選手 三度目の防衛戦が決定